安寧なんか欲しがりません

まだまだ、まだまだですよ~

奇跡の人ら

f:id:quietsea526:20170423212802j:plain
若き日の柳澤桂子さん。奇跡的美貌!


昨夜のスイッチインタビュー、奇跡のツーショット!
SWITCHインタビュー 達人達(たち) - NHK


まずは福島智さんについて、
5,6年前に爆問学問でこの人を知って、ご本「盲ろう者として生きて」を読み、驚き、感銘を受けました。


福島智さんは間違いなく奇跡の人。
奇跡の人ら、と書いたからにはもう一人奇跡の人がいて、それが柳澤桂子さん。

この人のことも過去に何度か文章にした覚えがあるのであっちこっち探し回ったけど発見できず、ずいぶん昔のことだったのかも。

最初にこの人をテレビで見たとき、柳澤桂子さんは、原因不明の病気で、それも大変な苦痛を伴う症状がずっとずっと続くという過酷な状態で、その時点(テレビのドキュメンタリー番組中)ですでに何十年もそういう闘病生活が続き、もうその苦痛に耐えられないということで安楽死を望み、その彼女の希望に対応するご家族の姿を真摯な視点でとらえた秀逸なドキュメンタリーだった。

私はチャンネル移動の途上でたまたま途中から見始め、釘付けになってその番組を見終えた。
最後まで結論は出ず、というか安楽死を家族は受け入れられず柳澤桂子という女性の耐え難い苦痛は今後も続くだろうという気配を残してその番組は終わっていた。

その時点で私はこの女性のことを何も知らず、どこかの難病に苦しむ人の気の毒な話くらいに捉えていた。

それから数年後、それもまた、たまたま目に入ってきたテレビの画面上にその人がいて驚いたのだ。
柳澤桂子さんは、そのとき奇跡の回復をされていた。
その番組では回復に至ったまさに奇跡のような経緯が語られていた。
詳細をうまく説明できないんだけど、それは本当に奇跡のような出来事だったのだ。
そして、柳澤桂子という人がただの難病に苦しむ人ではなかったこともそのときになってやっと知った。

生命科学者として将来を嘱望されていたこと。研究者として目覚ましい結果を出しつつ結婚もし子どもを育て、その子育てにも一段落をつけて、さあ、研究に本腰を入れられるという矢先の発病であったこと。闘病中にもいくつもの論文を執筆されていたこと。

私がテレビで最初にこの人を見たとき(安楽死を巡ってのご家族との葛藤を描いたドキュメンタリー)、それは徐々に体が弱まり食事も摂れなくなり、字も書けなくなり・・・といったそういう状況だったのだ。

その数年後に奇跡の回復をされた姿を私が再びテレビで目にするまでの長い長い日々を彼女はずっとずっと原因不明の過酷な痛みに耐え続けてられたのだ。それだけでも想像を絶する。

いくつかのご本を読ませていただいて、私はすっかりこの人のファンになった。
過酷な闘病中にもかかわらず発表された生命科学にまつわるエッセイなどを読んで、本当に感服してしまった。闘病の苦しさについての言及が最小限にとどめられているのだ。多分彼女の生活の大半を占めていたであろうその苦痛について、ほんのちょっぴり控えめに触れられているだけで、生命科学の面白さをはずむような筆致で書かれていたりするのです。
そしてそして、皆さん、もっと驚くべきことにこの方、すごい美人なんです。
例えば今ネットでこの人の名前を検索して出てくる現在のお姿も決して見苦しくはないけど、やはり永の闘病でその美貌は損なわれてしまったのでしょう。お若い頃の写真を見ると女優さんみたい、もしくは若き日の美智子皇后にも面差しが重なりますねぇ、これもまた奇跡的じゃありませんか。

と、つまり、ミモザ的に「奇跡の人だぁ」と思わせられた福島智さんと柳澤桂子さんという二人の「奇跡の人」が昨夜件(くだん)のテレビ番組にて会談されたわけです。おおお、奇跡的!


そして奇跡の人らの会談は素晴らしかったです。
私は1時間ずっと正座して固唾をのむようにして、目は釘付けで見入った、聞き入った。
テレビをこんな風に見るのは山田太一さんのドラマくらいのもんだ。
だいたい忙しいミモザはテレビは何かをしながら見ている。(まあ、カルテットなどはかなり釘づけであったが、それでも途中でコーヒーを淹れてみたりなど程度の余裕はあった)

それが夕べは、本当に一時間正座で釘づけだった。
随所で福島さんに笑わせられ、福島さんに笑わされる桂子さんと一緒にさらに笑い、笑いながら深く深く心が動かされ、自然と目尻から暖かい液体がしみ出ていた。
本当に素晴らしい一時間だった。

福島智さんが本の中でも繰り返し書いたり、夕べも口にされていたように、自分から光も音も奪って、神(というものがいるなら)はなんちゅうえげつないことをするのか、と恨んだ後に、こういう自分に何を(神は、そんなものがいるなら)させようとしてるのか?と考えるようにいたる所は何度聞いても体が震えるほど感動してしまう。
苦境に陥った人間がそんな風に考えることはよく耳にするのでそれ自体は珍しい発想というわけではないけど、その苦境のスケルとそこから生きる意義を見つけ出すエネルギーのスケルがあまりに大きくて打ちのめされてしまうのだ。

福島智という人は本当に、きっと神に遣わされた人なんだろうと思う。

対談の終わりの方で福島さんのことば。

「私には先生のお姿は見えませんが、柳澤先生のことばがしみいるようでした。」

私にもお二人のことばが心に心に深く深く染み入るようでした。



苦難の多い人生を与えられつつ、そこから宝石のような智慧を熟成されたお二人からはもっともっとちゃんと学ばなければあまりにもったいなく申し訳ないことです。


本当にありがとうございました。



http://www4.nhk.or.jp/switch-int/2/

再放送情報↑


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村